手品用品のお札は違法?

あなたのコインに穴があく![マジックテイメント] No.10 コインパニック

手持ちのコインで可能なコインマジック。
コインに鉛筆がつきささる手品用品です。

手品用品と模造通貨のニュース、もう1つ見つけました。

「手品用の模造通貨輸入、大阪府警などが厳格捜査」

北九州市のマジックショップ経営者が2007年3月、
手品に使う模造千円札約1000枚を中国から輸入しようとして
大阪税関関西空港支署に押収されていたそうです。

ここでも「関税法」や「通貨及び証券模造取締法」が登場です。
しかも捜査当局は、マジシャンの立場というか気持ちというか
マジック・手品の世界の都合などは全く無視で、
「取り締まりの目はくらまされない」とばかりに厳格に摘発するのだとか。

手品に使うお札を「模造紙幣」だなんて捉えないでほしいな。
この事件、経営者は「手品用模造紙幣」と申告したんですって。
手品用のお札なんだから、別に悪いことに使うわけではないから
まさか摘発されるだなんて想像もせずに申告したんでしょうね。

偽造や模造した紙幣の輸入は関税法で禁止されているといっても
目的が全然違うということを理解してもらえないのかしら?

ここで出てくる手品用のお札というのは
お札を燃やして復元する手品用のお札だったそうです。
特殊な素材で作られて、一瞬で燃え尽きるようになっていたとか。
確かに、お札を燃やして復元する手品をやるなら
一瞬でパァーッと燃え尽きてくれないと、手品の流れが止まりますしね。
それに、本物のお札を燃やしているようにみえるほど精巧でないと、
手品の演出的にも、インパクト的にも弱いですよね。

総合リンク集 Link Station
経営
インターネットサイト集 CRANE
SEO対策 KEN SEO 勉強会
SEO対策 KenNavi
お役立ちサイト集