手品用品のお札やコインについて

手品・マジックコイン特集シガレットスルーハーフ

世界の定番手品!「コインの中をタバコが通る」コインマジック用品です。
ある意味、話題沸騰中の手品ですよね。

手品で使うお札やコイン、より本物らしくみえるものを使いたいって気持ち
認めてほしいなって、私みたいな素人手品が好きな人間でも心から思います。

プロのマジシャン、手品師であればなおさらですよね。
手品用品の出来、不出来は、手品の、マジックショーとしてのレベルに
絶対影響しますし、何と言っても「メシのタネ」ですもの。

なのに、手品用品であっても精巧なお札はダメだったり
本物のコインを加工したらいけなかったりで取り締まりを受けて
以前はインターネットでも簡単に買えた本物そっくりの手品用のお札や
コインは、今はすっかり見られなくなってしまいました。

お金を使ったマジックは長い伝統があって、法律ができる前からずっと
続いている手品なのでとても残念です。

財務省国庫課は「手品用の模造品でも、例えば暗がりで使われた場合には
本物と間違える可能性も高く、適法とは言えない」という見解を出しています。
手品用品を悪用しようという人がいれば問題だけれど
そんなのあんまり想像したくないですね。

精巧な手品用品を使いたいなら外国のお札やコインを使えばいいっていう
お役所の考え方にもかなり疑問を抱きます。
他の国では、手品用品としての加工通貨の対応はどうなっているんでしょう?
総合リンク集 Link Station
経営
インターネットサイト集 CRANE
SEO対策 KEN SEO 勉強会
SEO対策 KenNavi
お役立ちサイト集