簡単手品・タネあかしカテゴリの記事一覧

数字の手品・タネあかし

◆手品タイトル:予言の数字

この手品のやり方はこちら

この手品、やり方のご紹介だけしてしまうと
「予言する数字」って何なんだ!
教えてくれないと手品ができないじゃないか!
という声が聞こえてきそうで……

やり方のご紹介だけでも、この手品の場合は
分かる方には分かってしまいますけれど念のためタネあかしを。

この手品では、「予言する数字」は2つしかありません。
この計算をすると、答えは必ず「1089」か「198」になります。

2つの答えがあるのなら、用意する封筒は2つ!?
いえいえ違います。
手品の演出次第ではそれもアリですけれど、
ここではカードにタネを仕掛けます。

「1089」と「198」のどちらになるかは相手の数字次第ですね。
予め用意するカードには裏と表、2つの数字を書いておきましょう。

相手の答えを確認してからカードを取りだす時に
相手の答えが書いてある方を表にして取りだすのが
この手品のテクニックです。
反対の面が見えないようにテーブルに置いてしまうのがいいですね。

この手品で一番重要なのが、封筒の中のカードの向きを覚えておくこと!
楽しく手品を演じられるように、是非頑張ってみてください。

カードを使う手品・タネあかし

思っただけで裏返る!インビジブルカードテンヨー マジック(手品)

このカードを使えばカード当て手品も楽なのでしょうけれどね(^-^)
手品用品を使う手品のネックはは、
その手品用品を持っていないとできないというところ。

話を戻しまして、こちらでご紹介した手品のタネあかしです。

◆手品タイトル:引いたカードは仲間はずれ

この手品のやり方はこちら

この手品、カードは普通のトランプです。
特に仕掛けはしていません。
しかも、よ〜く切り混ぜてから1枚引いてもらいます。

では、どうして選んでもらったカードだけが表向きになるかといいますと……
この手品、2段階の準備が必要です。

★手品成功の秘訣1
相手が引いたカードを覚えてもらっている間に
手元の残りのカードを裏返し、1番上のカードをもう1度裏返します。

要は、一番上の裏返しのカード以外は全部表向きにするわけです。
その上で、相手に好きな場所にカードを入れてもらうのです。

表向きに重なっているカードの山に、相手のカードだけ裏返しに
挿入されたことになりますね?
一番上のカードが裏向きなので、
この時点で疑問をもたれることはないでしょう。

★手品成功の秘訣2

次にカードに魔法をかけるステップですが
ハンカチをかけて手元(とカード)を隠している間に
カード全体を裏返し、一番下にきた1枚も元に戻します。

ここがこの手品の難しいところですね。
この裏返す動作を片手でできれば理想です。

その後カードを揃えて置き、テーブルにひろげます。
当然のことながら、相手が選んだカードだけが表向きになっていますね!

演技力で準備の不自然さをカバーして、手品を成功させましょう!

総合リンク集 Link Station
経営
インターネットサイト集 CRANE
SEO対策 KEN SEO 勉強会
SEO対策 KenNavi
お役立ちサイト集